大井川鐵道の撮影地 【春の9キロポスト】

↑9キロポストの桜を撮影。

〈スポンサーリンク〉

9キロポストの桜

カメラを持って大井川鐵道に出かけよう

皆様は、静岡県民が誇る?

ローカル線『大井川鐵道』をご存じでしょうか?

大井川鐵道といえば、蒸気機関車の動態保存で有名ですよね。


【大井川鐡道の路線図】

駅 名 累計(キロ) SL停車 撮影
金谷駅 0.0
新金谷駅 2.3
代官町駅 3.8
 日切駅 4.3
五和駅 5.0
神尾駅 9.8
福用駅 12.3
大和田駅 14.8
 家山駅 17.1
抜里駅 18.8
川根温泉笹間渡駅 20.0
地名駅 22.9
塩郷駅 24.3
下泉駅 27.4
田野口駅 31.0
駿河徳山駅 34.1
青部駅 36.1
崎平駅 37.2
千頭駅 39.5

●:停車 △:かわね路1号のみ停車 ▲:上り千頭発新金谷行きのみ停車

※特急のみ直通運転

私は、静岡県で生まれ育ちましたので大井川鐵道は幼少の頃からの馴染みであります。

2000年頃~横浜に転勤するまでの約10年間、定期的に大井川鐵道の撮影に足を運んでいました。

大井川鐵道は・・・。

・駅がローカル
・旧型客車が揃う
・お茶が美味しい
・四季を楽しめる
・蒸気機関車が走る
・温泉が気持ち良い
・人との出会いがある
・急勾配をアプト式で登る

などなど、様々な魅力があります。

中でも撮影を通じた『人との出会い』は本当に良き想い出で、お茶農家さんや同業者さんとの交流が深まる心温まる場所でした。

特に神奈川県に住む撮り鉄さんと仲良くなり、撮影地をご一緒したりしましたが、まさか自身も神奈川県に住むことになるとは・・・。

横浜に転勤以後、大井川鐵道からご無沙汰しているのが残念でありません。

さてさて、そんな大井川鐵道と私ですが、沿線の魅力を少しでも伝えることが出来たらなと思い撮影地を当ブログで簡単にご紹介しよと思います。

ご興味がある方は皆様も大井川鐵道の撮影にチャレンジしてはいかがでしょうか?

大井川鐵道沿線に住む方々は温厚な方が多く、撮影者に対する理解もある方が多い印象を受けます。

もちろん、撮影マナーは厳守ですが。

【主な撮影マナー】

・迷惑駐車禁止
・ゴミを捨てない
・茶畑を荒らさない
・ストロボ撮影禁止
・列車に近寄らない
・先にカメラを構えている人が優先

大井川鐵道と桜を撮影する

春と言えば桜の季節♪

大井川鐵道の沿線でも各所で綺麗な桜が咲き誇ります。

数ある撮影地の中でも、私が好きなのは・・・。

9キロポスト付近の桜です。

9キロポストはアクセスが非常に悪い反面、民家などの建物が無いのですっきりした構図で撮影できます。

↓シンプルな構図になります。


↓近鉄16000系と桜


↓南海21001系と桜

9キロポスト周辺へのアクセス方法

大井川鐵道『神尾駅』から国道473号線に出る。

国道を『五和駅』方面に向かい、途中の山道を下る。


大井川鐵道(株):ホームページ

今回の撮影機材

【カメラ】
・Canon EOS 1D Mark Ⅳ
【レンズ】
・CANON EF70-200mm F2.8L IS USM

にほんブログ村 写真ブログ おでかけ写真へ
にほんブログ村

〈スポンサーリンク〉