動物園を訪問する in 日本平動物園  【前編】

↑泳ぐのが大好きなホッキョクグマのロッシーは日本平動物園の人気者。

〈スポンサーリンク〉

日本平動物園の動物達を撮影する

2013年にリニューアルした日本平動物園

今回のテーマは動物園の撮影です。

神奈川県内の動物園と言えばズーラシアが有名だと思いますが、静岡県内の動物園と言えば、個人的には日本平動物園富士サファリパークを思い浮かべます。

特に、日本平動物園はちびっ子の頃の想い出が詰まった思い入れ深い動物園ですが・・・。

2013年にリニューアルされたとのこと!

動物たちの生息環境を再現した展示方法になったとのことで、久しぶりに足を運んでみました。

さてさて、今回はマイカーで現地までアクセスした訳ですが、この日は休日ということもあり朝から家族連れで大盛況!

第1駐車場は満車で第4駐車場に駐車することになり、裏口からの入園となりました。

↓裏口から入場するのは初めて・・・


〈スポンサーリンク〉

一番人気はホッキョクグマ?

日本平動物園の人気者と言えば・・・。

ホッキョクグマ!!

ですよね?

私が幼少の頃はピンキーという名前のホッキョクグマが人気者でしたが、2007年に亡くなってしまったとのこと・・・。

従って現在、日本平動物園で活躍しているホッキョクグマは2008年にロシアのレニングラード動物園から来園したロッシー君♂と2011年にタイのサファリワールドから来園したバニラちゃん♀です。
↓真っ白な毛色が特徴のバニラちゃん

そんなホッキョクグマさん達の展示方法が凝ったモノで、展示されている猛獣館299に足を運ぶと、ガラス越しに目の前でホッキョクグマ達を観察することができます。
↓ロッシーの毛色はやや黄色い。

この日は終始、水と戯れていましたロッシーとバニラ・・・。

どうやら水遊びが大好きな様です。

ちなみに日本平動物園のスタッフさん達は現在、ホッキョクグマの繁殖に向けて奮闘中なんだとか。

静岡県生まれのホッキョクグマが誕生するのも時間の問題かもしれませんね。

↓気持ちよさそうに水遊びするロッシー君

さてさて、生息環境を再現した展示方法を採用した施設は他にもレッサーパンダ館、は虫類館、フライングメガドームなど多数、存在します。

↓目の前を泳ぐアザラシに子供達も興味津々。

一昔前の印象とは随分変わりましたが、リニューアルする前から存在する施設もポツポツあるので、日本平動物園は懐かしさを感じつつも、新しい要素を感じ取れる動物園に生まれ変わったと言っていいでしょう。
↓室内展示場で視線を集めるレッサーパンダ。

さて、ここからは日本平動物園の動物達を簡単にご紹介します。

〈スポンサーリンク〉

日本平動物園の動物達

↓子ヤギさん達、よ~く見ると首輪の色が違いますね。

↓トンネルが大好きなプレーリードッグさん。


↓ここはオランウータン館・・・ボルネオオランウータンは就寝中?

↓仲良く休憩するシロサイのサイコとタロウ。

↓珍獣、マレーバクを後ろからパシャリ。

↓夜行性動物館のワシミミズク。高感度カメラが無いとキツイかも・・・。

↓熱帯鳥類館のサイチョウさんは全然動かない・・・。

↓オニオオハシはチョロチョロ動いて臆病な印象を受けました。
 
↓続いては虫類館です・・・空飛ぶカメ?
 
↓リクガメがノッシノッシ・・・。
 
↓クチヒロカイマンは何かを狙ってそうな目。

↓動物園ではお馴染み?フンボルトペンギンさん。

↓何気に可愛かったシロフクロウさん。

↓イカついけど名前は可愛いアメリカバイソンのモモさん。

↓キリンさんは子供達の人気者ですね。

〈スポンサーリンク〉


↓アジアゾウは日本平動物園の開園時からずっといるとのこと。

↓猛獣館299は肉食獣がいっぱい!ごろり寝転がるアムールトラ。
 
↓こちらはピューマさんです。
 
↓フライングメガドーム内のフラミンゴさん・・・色鮮やかです。

↓インカアジサシは全然、警戒心がない様子。

↓元気に飛び回っていました。

↓国の特別天然記念物、タンチョウは・・・檻の中です。

静岡市に足を運んだ際は是非、立ち寄ってはいかがでしょうか?

〈スポンサーリンク〉

動物園の写真撮影で使う機材は?

ちなみに今回の撮影で私が持ち込んだ機材は、デジタル一眼レフカメラと・・・。

Canon EOS-1D X Mark II

価格:619,400円
(2017/6/10 16:27時点)
感想(2件)

明るい望遠レンズと・・・。

Canon EF300mm F2.8L IS II USM

価格:561,340円
(2017/6/10 16:28時点)
感想(0件)

明るい標準ズームの2本を使い回しています。

Canon EF24-70mm F2.8L II USM

価格:175,800円
(2017/6/10 16:29時点)
感想(12件)

重装備で一日中園内を歩き回るのは辛いので、レンズは2本に絞って撮影しています。
2本持ちが億劫な方は、望遠ズームレンズ1本あれば十分だと思います。

Canon EF70-300mmF4-5.6L IS USM

価格:124,590円
(2017/6/10 16:48時点)
感想(29件)

日本平動物園へのアクセスマップ

【所在地】
〒422-8005  静岡市駿河区池田1767-6
【電話番号】
・054-262-3251
【交通】
・車・・・東名高速静岡IC下車、約5Km。(所要時間約20分)
・バス・・・JR東静岡駅、しずてつジャストライン「静岡日本平線」で10分
【時間】
・開園時間9:00〜16:30(入場は16:00まで)
【料金】
・一般(高校生以上):610円
・小・中学生:150円
(未就学児は無料)
・団体/一般:490円
・小・中学生:120円
(年間パスポート)
・一般:2,400円
・小・中学生:600円

日本平動物園:ホームページ

日本平動物園うちあけ話

価格:884円
(2017/6/10 16:52時点)
感想(1件)

〈スポンサーリンク〉