蒸気機関車を訪ねる 【鹿沼公園のD52 235号機】

↑鹿沼公園のD52 235号機。神奈川県はD52の保存機が実に多い。

〈スポンサーリンク〉

蒸気機関車訪問記
in 相模原市の鹿沼公園

雪国仕様の蒸気機関車

形式 D52 235号機
製造所 鹿沼公園
製造所 川崎重工
製造年 昭和21年1月
保存状態 ★★★☆☆
見学自由度 ★★★☆☆

神奈川県の蒸気機関車企画【第4弾】

今回は、相模原市中央区の鹿沼公園に保存されているD52 235号機を訪問しました。

D52 235号機は昭和21年1月に川崎重工で製造され昭和48年に廃車後、相模原市に貸与され鹿沼公園で静態保存されています。

D52と言えば国内最大出力を誇る貨物列車牽引用の蒸気機関車で285輌製造、現在では全国に7輌保存されていますが、なぜか3輌が神奈川県、2輌が静岡県で保存されています。

そんなD52 235号機、初めて出会った感想は

雪国仕様の蒸気機関車

現役時代は函館本線や室蘭本線で活躍していただけあり、平塚市文化センターのD52 403号機とは所々で違いが見受けられました。

また、足回りを確認すると、薄化粧で車輌の刻印がクッキリ残されていますが、刻印番号はD52 235号機の他、D52 138号機、D52 140号機?の刻印を確認することができました。

↓蒸気機関車の展示場所は鹿沼公園の入口付近、地図上の左下です。

↓蒸気機関車全体は鉄格子で囲われ、出入口に改札口の様な建物が設置されています。

建物の右手に見えるのは交通標識。

実は、展示場所の前におもちゃの車を運転できる交通公園が広がっています。


↓その名も鹿沼公園駅。

↓見学時間が決められています。

蒸気機関車の見学について
見学時間
午後9時00分から午後0時30分まで
午後1時30分から午後4時30分まで
なお、交通公園遊具貸出時間中は、少々お待ちいただくことがございますのでご了承ください。
詳しくは、管理事務所へお尋ね下さい。
↓簡単な案内板が設置されています。
蒸気機関車(D52-235)
わたしは、デコ2です。日本で最も大きい型の貨物機関車です。1946年(昭和21年)第2次世界大戦の直後のに生まれ、主として北海道の函館本線と室蘭本線で、貨物の運搬をしていました。国鉄の近代化とともに、1973年(昭和48年)引退し、函館五稜郭機関区でねむっていました。
このたび国鉄のご協力により、相模原市にまいりました。どうぞいつまでも、かわいがってください。
◎らくがきをしないでください。
◎部品をこわしたり、持ち帰ったりしないでください。
◎危険ですから機関車にはのぼらないでください。
◎D52型機関車は、うしろに石炭と水を積んだ炭水車(テンダー)をつないでいる過熱式蒸気機関車です。
◎235とは、D52型機で235番目につくられた番号です。
↓こちらは詳しく紹介されています。
製造所 汽車製造1D1過熱テンダ機関車 形式D52 整備改造
シリンダ直径×行程 550×660mm
使用圧 16.0kg/c㎡
火格子面積 3.85㎡
全電熱面積 244.9㎡
過熱電熱面積 77.4㎡
全蒸発電熱面積 167.1㎡
爆管蒸発電熱面積 147.4㎡
火室蒸発電熱面積 17.9㎡
アーチ管蒸発電熱面積 2.2㎡
ボイラ水容量 9.87㎡
大煙管(直径×長×数) 140×5000×35
機関車重量(運転設備) 85.13t
機関車重量(空車) 74.42t
機関車動輪上重量(運転設備) 66.29t
炭水車重量(運転設備) 51.79t
炭水車重量(空車) 19.74t
水タンク容量 22㎡
燃料積載量 10t
炭水車形式 10-22A・S
弁装置ノ種類 ワルシヤート式
製造初年 昭和18年
改造初年 昭和26年
↓非公式側から撮影。

非公式側の方がスッキリ撮影することができます。

〈スポンサーリンク〉


50年前、この巨大な鉄の塊が動いていたとは・・・。

細かいプレート類は外されています。

発電機もしっかり残されています。

とてもピカピカの空気圧縮機。

D52 140??

刻印を何度か重ねている様子。

足回りの保存状態がとても良いですね。

こちらの刻印はハッキリD52 138と刻まれています。

D52 235の刻印はしっかり読み取れますね。

多くの刻印はD52 235号機のものでしたが、他機の部品も使われている様でよく分からなくなりました。

屋根が無いけど保存状態はなかなか良いですね。

正面から撮影しました。

公式側はホーム状になっています。

おやっ!

公式側に作業中の人達がいらっしゃるではないか。

トントントンと甲高い音が鳴り響きます。

地元保存会の皆様が保守作業を行っている最中でした。

話を伺ったところ、国鉄OBなどの有志が集い定期的にメンテナンスしているとのこと。

ハンマーとヘラを器用に使い、錆びた古い塗装を剥がします。 

剥がされた錆びがこちら。

綺麗に塗装を剥がし再度、塗装を施すことで金属の腐食を防ぎます。

赤いペンキで下塗り後、黒いペンキで塗るとのこと。

手が込んだ作業ですね。

保存会の方に伺ったところ、運転室の解放日はちびっ子達でとても賑わうとのこと。

旋回窓がカワイイですね。

視界を雪から守る先人達の知恵ですね。

こちらの窓も前方の視界を確保する先人の知恵でしょうか。

D52 403号機にはありませんでした。

この様に、同型の保存機を比べるのも楽しいですね。

テンダー周辺は荷物置場になっていました。

ライトが付いているとカッコイイですね。

D52 403号機はライトが無かったのでのっぺりした顔でした。

駅名標の状態が悪いけど仕方ないですね。

さて、鹿沼公園のD52 235号機。

保存会の努力があり、屋根が無いにも関わらず状態は良好でした。

ただし、居合わせた方の話によると公園周辺はいつ再開発が始まってもおかしくないとのこと。

再開発が始まるとD52 235号機の運命はどうなるのでしょうか。

今となってはちびっ子達の人気者ですが、戦後の苦しい時代を支えた貴重な車輌。

未来永劫も変わらず大切に保存されることを願うばかりです。

【神奈川県の蒸気機関車一覧】

鵠沼運動公園(藤沢市) C11 245号機
生田緑地(川崎市多摩区) D51 408号機
本牧公園(横浜市中区) D51 516号機
若宮公園(厚木市) D51 1119号機
鉄道公園(山北町) D52 70号機
鹿沼公園(相模原市中央区) D52 235号機
平塚市文化センター公園(平塚市) D52 403号機
神奈川臨海鉄道横浜本牧機関区(横浜市中区) C56 139号機
かしわ台車両センター(海老名市) 神中鉄道3号機関車

鹿沼公園へのアクセスマップ

【所在地】
〒252-0233 相模原市中央区鹿沼台2-2-15-1
【交通】
電車:JR横浜線「淵野辺駅」下車、徒歩約5分。

〈スポンサーリンク〉