真岡鐵道のサンタ列車を撮影する【後編】

 ↑蒸気機関車とススキはマッチしますね。

〈スポンサーリンク〉

真岡鐵道×サンタトレイン

貴重な歴史遺産で撮影する

『道の駅 もてぎ』を後にして向かったのは益子駅~北山駅に間にある小貝川橋梁の撮影地です。

小貝川橋梁は明治27年(1894年)に完成、大正2年(1913年)に現在の地に移設された、現役最古のポニーワーレントラスで歴史的にも大変、貴重な橋梁なんだとか。

【真岡鐡道の路線図】

駅 名 累計(キロ) SL停車 所在地
下館駅 0.0 茨城県
筑西市
下館二高前駅 2.2
折本駅 4.6
ひぐち駅 6.5
久下田駅 8.5 栃木県
真岡市
寺内駅 12.6
真岡駅 16.4
北真岡駅 18.0
西田井 21.2
北山駅 22.9
益子駅 25.1 芳賀郡
益子町
七井駅 28.4
多田羅駅 31.2 芳賀郡
市貝町
市塙駅 34.3
笹原田駅 38.1
天矢場駅 39.2 芳賀郡
茂木町
茂木駅 41.9

蒸気機関車が通過する5分前ほどに到着すると、既に数名の同業者が下流側にスタンバイ。

ということで、今回は先客さんの邪魔にならない場所で手持ち撮影します。

↓小貝川橋梁とC12を撮影。

ここの撮影地、上流側でも下流側でも撮影できそうですね。

順光で撮影するなら下流側、逆光で撮影するなら上流側かな?

じっくり構図を考えて撮影すればいい写真が撮れそうな印象を受けました。

また、橋梁通過後もストレートになっていて、太陽光を浴びるススキが映えていたので、後追いギラリを狙ってみましたが…。

見事に撃沈しました。

まぁ、初回訪問で狙い通り撮影できたらデキすぎですよね。

↓ギラリと光れば良い感じの写真になったかも…。

さて、後半の撮影はまだ終わりません。

次の撮影地に向かいます。

〈スポンサーリンク〉 
 

八木岡地区に帰還する

本日、最後の撮影地として向かったのは、前半戦で最初に撮影した八木岡地区です。

八木岡地区はパノラマ撮影や夕日順光など、大井川鐡道では叶わないロケーションが豊富で本当に素晴らしい撮影地ですね。

撮影できそうな場所は数か所ありましたが今回、撮影する場所は北関東自動車道にほど近い踏切付近を選びました。

撮影地には列車が通過する5分ほど前に到着、同業者は1名しかいませんでしたが…。

通過1分ほど前になるとゾロゾロゾロ集まる、集まる…。

最終的に10名ほど集まったと記憶しています。

なかなか、人気があるなぁ…。

と思いましたが、それもそのハズ。

↓順光+良煙+ドレン…。

御覧の通り『正面』『バリ順』『良煙』、更に『ドレン』のオマケが付きました。

正直、日頃から大井川鐡道の返し運転に慣れているので…。

夕日順光と良煙の組み合わせに感動…。

あまりにも出来すぎたシチュエーションに少し戸惑った私?

をしり目に、C12は颯爽と去って行きました。

↓良い煙ですね♪

C12の残り香を感じつつ…。

お腹が空いた!!

さて、夕飯は何処で食べようか?せっかくなので有名な宇都宮餃子を食そうということで餃子屋さんに向かうことにしました。

↓夕日と踏切を記念撮影。

『宇都宮みんみん』で夕飯

↓ここは真岡駅です。

向かったのは八木岡地区からほど近い真岡駅前の『宇都宮みんみん』です。

↓宇都宮餃子の有名店ですよね。

混んでるかな?

と思いましたが、待つこともなく席までスムーズに案内、店内は地元の方と思われる若者やファミリーで程よく賑わっていました。

さて、何を注文しようか?

かなり迷いましたが、焼餃子と水餃子のオススメセット(790円)を注文します。

↓オススメのメニューをチョイス。

そう言えば、宇都宮餃子って静岡県の浜松餃子と競っていましたね。

浜松餃子のライバル、宇都宮餃子を食するぞ!

と言っても、浜松市出身ではありませんが(汗)。

↓先ずは焼き餃子2人前と白飯のセット。

↓程よい頃合いに水餃子が配膳されました。

さて、気になる宇都宮餃子『みんみん』のお味は…。

スタンダードな餃子???

特に変化球的な要素はありませんが…。

味付けが重たくないのでパクパク口に運ぶことが出来ました。

そして、何より嬉しいのがそのボリュームです。

餃子3皿に白飯が付いてこの値段、お腹がいっぱいになりました♪

真岡鐡道のサンタトレイン、大満足な一日になりました。

真岡鐵道のサンタ列車を撮影する【前編】
真岡鐵道のサンタ列車を撮影する【中編】
真岡鐵道のサンタ列車を撮影する【後編】
④ 真岡鐵道の真岡駅を散策する【番外編】

〈スポンサーリンク〉 
 

今回の撮影地

小貝川橋梁

八木岡地区

〈スポンサーリンク〉