東海道新幹線のオススメ撮影地 第二生沢トンネル~小原トンネル


↑小原トンネルを通過する新幹線。

〈スポンサーリンク〉

東海道新幹線を撮影 in 神奈川

第二生沢トンネルを狙う

↓第二生沢トンネルを通過する上りを撮影。

ここからは、第二生沢トンネルの撮影ポイントを詳しく紹介します。

まず、架道橋から向かって白い建物方向に進みます。

↓白い建物が見えます。

直進すると短い橋があるのでこの橋を渡ります。

この橋は水路を渡る為のもので、雨天時は滑りやすいので注意しましょう。

↓短い橋を渡る。

↓こんな感じの水路になっています。

橋を渡ると、新幹線のフェンスに突き当たります。

実は、フェンスの脇に上りの細道があり、奥まで進むことができます。

足下が悪いので注意して進みましょう。

↓新幹線が通過する真横を進みます。

フェンスの脇にある細道を進むと目の前に杭が現れます。

この杭が撮影地に到着した目印になります。

杭周辺の地面は、撮影者達で踏みならされているのでやや広いスペースを確保することができます。

↓目印となる杭。

後はお好みの位置を見つけて撮影しましょう。

↓線路と杭の位置関係はこんな感じです。

アウトカーブまで距離があるのでレンズは最低でも200mm欲しいところです。

ちなみに、新幹線が通過する瞬間は風圧と爆音が凄いので注意して下さい。

↓撮影地全体を見渡す。
 

この撮影地、個人的には縦位置が好みです。

↓縦位置で撮影することもできます。

〈スポンサーリンク〉

小原トンネルを狙う

↓小原トンネルを通過する上りを撮影。

続いて反対側、小原トンネルの撮影ポイントもご紹介します。

先程とは反対方向、第二生沢トンネル付近の電柱に向かいます。

写真にある電柱の右脇が小道になっているので線路の方向に進むことができます。

↓よ~く見ると電柱の右脇に小道があります。

直進するとフェンス周辺に到着します。

あとはお好みの場所を選んで撮影しましょう。

↓こちら側にも杭がありました。

↓撮影地付近を見渡すとこんな感じになります。

↓こちら側も縦位置で撮影できます。

ちなみに、この日は平日かつ雨天でしたが、数名の同業者とご一緒になりました。

有名撮影地は凄いですね。

今回の撮影機材

【カメラ】
・Canon EOS 1D Mark Ⅳ
【レンズ】
・CANON EF300mm F2.8L Ⅱ IS USM一脚

【ふるさと納税】
HOゲージ 0系新幹線

価格:197,000円
(2017/8/31 04:15時点)
感想(0件)

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉