蒸気機関車を訪ねる【生田緑地のD51 408号機】

↑生田緑地のD51 408号機。愛称は『デコちゃん』。

〈スポンサーリンク〉

蒸気機関車訪問記
in 生田緑地

厚塗りの蒸気機関車

形式 D51 408号機
保存場所 生田緑地
製造所 日本車輌製造
製造年 昭和15年4月
保存状態 ★★★★☆
見学自由度 ★★★☆☆

神奈川県の蒸気機関車企画【第5弾】

今回は、川崎市多摩区の生田緑地に保存されているD51 408号機を訪問しました。

D51 408号機は昭和15年4月に日本車輌製造で製造され、昭和46年より川崎市多摩区の生田緑地で静態保存されています。

そんなD51 408号機、初めて出会った感想は

塗装が厚塗りなので屋外保存なのに車体がピカピカ!!

川崎市が定期的にメンテナンスしているのかな?

屋根が無いにも関わらず、保存状態が良好でした。

↓ピカピカで迫力があります。

非公式側から撮影。

重厚かつピカピカでカッコイイですね。

↓子供達の教材として静態保存されているとのこと。

IDI過熱デンダ機関車(D51408号機)
この機関車は相性「デコイチ」の名で親しまれている、D51型蒸気機関車です
昭和15年4月12日、日本車輌製造株式会社でつくられ北陸線、山陽線、山の手線などでおもに貨物輸送に活躍していました
こうして30年あまり働いたこの「デコイチ」もついに昭和45年11月新鶴見機関区で廃車となりましたそして昭和46年10月、この青少年科学館に生きた教材として展示されることになり、国鉄大宮工場で解体され30トン積トレーラー3台、8トン積トラック4台に分けて運搬し、組立て、据付けられました
↓近くまで寄ってみます。


また、『かわさき宙と緑の科学館』のホームページで昭和46年当時の映像を楽しむことができます。

川崎市って財政が潤ってるのかな?

保存状態もプロモーションも素晴らしいですね。

映像にある様にD51 408号機の愛称は『デコちゃん』です。

↓正面から撮影。

『デコちゃん』は大勢の子供達に親しまれて今があるのでしょう。

そして、次の世代へと・・・。

いつまでも愛される『デコちゃん』であって欲しいものです。

↓屋外保存とは思えない光沢感。

部品類の保存状態も良好だと思います。

↓厚塗りのおかげで状態が良好です。

神奈川県内の静態保存機訪問も今回で5回目ですが、不思議なことに全て非公式側がスッキリしていますね。

何か理由があるのかしら?

↓今にも動き出しそうです。

足回りも自由に散策できます。

↓デフもピカピカです。

屋根が無いにも関わらず、素晴らしい。

↓足回りは厚塗り感がすごいです。

それもそのはず。
車体全体が分厚い塗装のベールで覆われています。

↓なにも分からない・・・。

従って、刻印などは完全に塗りつぶされています。

〈スポンサーリンク〉

↓カチカチですね。

完全に塗り固まった部品が多々ありました。

↓このライトが再び灯ることは無いのでしょう・・・。

分厚い塗装にガッカリする方もいるかと思いますが、個人的には全然アリだと思います。

↓公式側を撮影。

ちなみに、公式側はこんな感じです。

↓階段とデッキが設置されています。

デッキは登れますが・・・。

↓『のぼらないで下さい』。

中には入れません(汗)。

↓ガッチリガードされています。

プラ板で厳重にガードされているので・・・。

↓プラ板越しに撮影。

運転室の状態も良さそうですね。

↓プレートもガチガチです。

プレートもピカピカですが・・・。

↓デッキから前方を撮影。

ボイラ周りはやや疲れが見えるかな?

生田緑地の静態保存車輌。

見所はD51 408号機だけではありません。

↓客車もあります。

実は隣地に旧客(スハ42 2047)が保存されています。

↓戦後間もない日本を支えた客車です。

客車について

この客車は、昭和23年に日本車輌製造株式会社でつくられ、国鉄常磐線経由東北線の上野~青森間を約37年間に555万キロメートル、(地球を約40周)走りつづけ、昭和60年3月水戸機関区で廃車されました。その後、国鉄大宮工場で改装し、国鉄梶ヶ谷ターミナル駅まで回送され、同年10月にここから40トン積トレーラーにより運搬し、据付けました。

客車の形式
形式 スハ42-2047(一般座席客車)
定員 88人乗り
重さ 自重33.4t 積車40.0t
長さ 19.50m
高さ 4.02m
幅  2.90m
製造年 昭和23年(1948)
製造所 日本車輌製造株式会社
廃車  昭和60年(1985)

↓こちらも厚化粧ですね。

旧客の中でも製造数が少ないスハ42。

生き残りが生田緑地でひっそり暮らしているとは・・・。

↓足回りをじっくり見学できます。

D51と同じく保存状態がかなり良好です。

↓ちびっこ達の良き遊び場に・・・。

下に潜るのはNGです。

↓ピカピカですね。

もちろん中に入れます。

↓大井川鐵道で見た風景♪

JNRマークの扇風機に・・・。

↓何と、夏場は動くらしい・・・。

ボタン式の洗面所。

↓こちらは使えません。

車内を散策するのも楽しいですね。

↓窓の開閉は可能です。

スハ 42 2047 。

↓中の保存状態も良好でした。

床の雰囲気も最高ですね。

↓木製の床は暖かみがありますね。

ちなみに解放時間は9:30~16:30の間になります。

↓警備会社が管理しています。

蒸気機関車と旧客が楽しめる生田緑地。

↓緑地だけに緑が綺麗でした。

見所は他にもあります。

↓プラネタリウムが自慢です。

先ほど紹介した「かわさき宙と緑の科学館」。

↓古民家が多数、展示されています。

古民家が展示される「川崎市立日本民家園」。

↓巨匠の美術館。

川崎市で生まれた巨匠「川崎市岡本太郎美術館」。

↓ちびっこが喜びそうですね。

ドラえもんの作者「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」。

意外と言ったら失礼ですが、施設のジャンルが幅広いですね。

↓科学館に訪問。

折角なので、利用してみよう♪

と思い、今回は「かわさき宙と緑の科学館」にお邪魔しました。

↓凝ったデザインですね。

『かわさき宙と緑の科学館』の開館時間は9:30~17:00まで。

見所は何と言ってもプラネタリウムです。

↓プラネタリウム・・・何年ぶりかしら。

世界最高の星空と言われているMEGASTARの最新機種、MEGASTAR-Ⅲ FUSION(メガスター・スリー・フュージョン)でリアルな夜空を楽しめます。

↓ドームがひろ~い!!

そして、驚いたのが観覧料金です。
プラネタリウム観覧料金

 個人  一般  400円
 高校生・大学生・65才以上  200円
団体  一般  320円
 高校生・大学生・65才以上  160円
中学生以下  無料

安い、安い!!

何と中学生以下の子供は無料です。

川崎市、すごいなぁ・・・。

↓受付時にもらいました。

ファミリーのお出かけスポットとして最適だと思います。
【神奈川県の蒸気機関車一覧】

鵠沼運動公園(藤沢市) C11 245号機
生田緑地(川崎市多摩区) D51 408号機
本牧公園(横浜市中区) D51 516号機
若宮公園(厚木市) D51 1119号機
鉄道公園(山北町) D52 70号機
鹿沼公園(相模原市中央区) D52 235号機
平塚市文化センター公園(平塚市) D52 403号機
神奈川臨海鉄道横浜本牧機関区(横浜市中区) C56 139号機
かしわ台車両センター(海老名市) 神中鉄道3号機関車

生田緑地へのアクセスマップ

【所在地】
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4
【交通】
電車:小田急線「向ケ丘遊園駅」から徒歩約12分。

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉