【カメラ歴15年の管理人がオススメする】とにかく使用率が高い!交換レンズ3選

〈スポンサーリンク〉

持出し頻度が高い交換レンズとは?

デジタル一眼レフカメラを始めたいけど、何を買えば良いか分からない!!

購入を検討している方は、誰しもが通る道だと思います。

カメラ本体の選び方についてオススメ方法を以前、当ブログ『デジイチは何を買うべき?ビギナーに薦める機種とは?』でご紹介しました。

そこで今回は交換レンズは何を買えば良いか分からない!!

という方に・・・。

『個人的に使用率が高いオススメ交換レンズ3本』

をご紹介しようと思います。

ちなみに私は学生の頃、アルバイトで貯めたお金で一眼レフカメラを購入!!

以降これまで10本以上の交換レンズを購入するとともに、何枚もの写真を撮影してきました。

機材の割りにアマチュアレベルの腕を抜けきらないでいますが(汗)。

永年、写真を趣味にしていれば・・・。

「一眼レフを始めたいけど交換レンズは何を買えば良いの!?」

と質問をいただく機会があります。

その様な場合、私は必ず・・・。

「長く続けるなら高性能な交換レンズを買った方がいいよ!!」

とアドバイスします。

まぁ、完全に持論ですが理由は・・・。

◎カメラ本体=商品サイクルが短い
◎交換レンズ=商品サイクルが長い
◎暗い場所など高性能な交換レンズでなければ撮影が難しい場面がある

従って、初心者でも高性能な交換レンズを購入し、同じレンズと長い期間、付き合うことができれば良いと考えています。

以上により・・・。

ここでご紹介するレンズはほとんどが高性能な上級モデルであることをご容赦下さい(汗)。

オススメ① F2.8の標準ズーム

圧倒的にナンバーワン!!

使用頻度が最も高い交換レンズが『F2.8の標準ズームレンズ』です。

ちなみにF=解放F値とは、レンズの明るさを表す数値です。

解放F値が小さいレンズの場合、以下の点で解放F値が大きいレンズよりアドバンテージがあります。

◎暗い状態でも明るく撮影できる
◎背景を大きくボカすことができる

総じて『レンズの力』で撮影の幅が広がることがオススメする理由です。

ちなみに私の場合、Canonの旧型レンズ『EF24-70mm F2.8L USM』を愛用しています。

『EF24-70mm F2.8L USM』はその名の通り、焦点距離が24mm~70mm(標準域)の交換レンズで、ズームレンズにも関わらず、単焦点レンズに近い解放値と解像度を誇る万能レンズです。

2002年にリリースされた旧型のレンズですが、私の機材の中では今でも現役バリバリの相棒!!

風景、ポートレート、スポーツ、鉄道などで活躍しています。

あえて欠点をあげるなら950gの『重量』が気になること・・・。

後継の最新モデル『EF24-70mm F2.8L II USM』も805gと重いレンズです。

Niconで同様のレンズを選ぶなら『AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR』が良さそうですね。

オススメ② F2.8の望遠ズーム

次に使用頻度が高い交換レンズは『F値2.8の望遠ズームレンズ』です。

風景、スポーツ、鉄道はもちろんポートレートに大活躍ですが、特に明るいズームレンズは屋内スポーツの撮影にアドバンテージがあります。

ちなみに私の場合、Canonの旧型モデル『EF70-200mm F2.8L IS USM』を愛用しています。

『EF70-200mm F2.8L IS USM』もその名の通り、焦点距離が70mm~200mm(望遠域)をカバーする交換レンズで『手ブレ防止機能』や『防塵防滴仕様』など機能面でも充実したレンズと言えます。

しかしながら、こちらも古いレンズなので解放F2.8の描写は甘め・・・。

最新モデルの『EF70-200mm F2.8L IS III USM』でかなり改良されている様です。

Niconで同様のレンズを選ぶなら『AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR』が良さそうですね。

オススメ③ 50mmの単焦点レンズ

最後にご紹介する使用頻度が高い交換レンズは『焦点距離50mmの単焦点レンズ』です。

こちらは主に屋内外のスナップ撮影に使用しています。

単焦点レンズとは、焦点距離が決められたレンズでズーム操作ができません。

従って、撮影する際は足を動かして画角調整しますが、ズームレンズと比較すると描写が良く、軽いのが特徴です。

中でも50mmの単焦点レンズは『標準レンズ』と言われ、各メーカーから様々な50mm単焦点レンズが発売されています。

ちなみに私の場合、Canonの『EF50mm F1.2L USM』を愛用しています。

被写界深度のコントロールが難しいレンズでもありますが、解放値がF1.2と驚異的な数値で屋内のスナップ撮影で活躍しています。

ちなみにCanonは、他にも50mm単焦点レンズを・・・。

2本、発売しています。
ニコン製品で選ぶのであれば・・・。

『AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G』の人気が高そうですね。

また、様々なレンズメーカーが50mm単焦点レンズを発売しています。

何れも特徴が異なる個性的なレンズが揃っています。

この様に50mm単焦点レンズはラインナップが多いのも特徴です。

最後にひと言

少しは参考になったでしょうか?

以上が私の『使用率が高い交換レンズ3選』になります。

ここで最後にひと言!!

もし、カメラを購入する前に相談できる人がいれば・・・。

『使用率が高いレンズを教えて下さい!!』

と聞くことをオススメします。

マクロレンズ、広角レンズ、超望遠レンズなど、レンズの種類は他にもたくさ~んありますからね・・・。

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉