大井川鐡道、サクラ臨時列車を撮影する 【家山編】


↑桜の季節は大井川鐵道の沿線が賑わう。

〈スポンサーリンク〉

大井川鐵道×さくら【家山編】

春の臨時列車を撮影する

桜が開花する季節は大井川鐡道沿線が大勢の人で賑わうシーズンです。

特にここ数年は「蒸気機関車×桜」の姿を求め、海外からの観光客が増えたなと感じています。

国境を越え、大井川鐵道の魅力が世界各国に伝われば嬉しいものですね。

さてさて、大井川鐵道は例年、この季節に「サクラ臨時列車」を運行しています。

サクラ臨時列車は静岡県内の花見スポットとして有名な「家山の桜トンネル」がある家山駅と新金谷駅を結ぶ臨時列車で、約15㎞の短い区間を1日に複数回、往復します。

2019年の場合、3月23日~4月7日までの約2週間にわたり臨時列車が運行されました。

【2019年サクラ臨時列車の内容】

列車番号 運転時刻
805 金谷発10:18

新金谷着10:21
普通電車
1003 新金谷発10:38

家山着11:06
SL急行
さくら13号
1103 新金谷発12:10

家山着12:38
SL急行
さくら15号
1105 新金谷発14:14

家山着14:43
EL急行
列車番号 運転時刻
804 新金谷発10:01

金谷着10:05
普通電車
1702 家山発11:18

新金谷着11:46
EL急行
1104 家山発13:10

新金谷着13:37
EL急行
1004 家山発14:59

新金谷着15:27
SL急行
さくら14号

※ SL急行列車乗車の際は、乗車券のほかにSL急行料金(大人片道800円)が、必要です。
※ EL急行列車乗車の際は、乗車券のほかに急行料金(大人片道150円)が、必要です。
※ 1105列車、1702列車、1104列車は電気機関車が先頭で客車を牽引します。

臨時列車が運行される期間はシャッターチャンスが倍増!!

ざっくり、急行列車が上下線で合計8本も数打ちできる撮影者にはオイシイ期間でもあるのです。

○SL急行(新金谷駅~千頭駅)×2本
○SL急行(新金谷駅~家山駅)×3本
○EL急行(新金谷駅~家山駅)×3本

この機会を逃してはならない!

そんな気持ちに押され、今回は2日間の日程で大井川鐵道沿線に訪問したので当ブログでご紹介いたします。

有名な家山駅周辺で撮影する

大井川鐵道沿線で列車に桜を絡めて撮影できる場所は、それなりに多いかと思います。

ただし、その年によって桜の開花時期がバラバラなので撮影地は当日の朝、ロケハンした上で決定しています。

また、数打ちする場合は新金谷駅~家山駅の間で撮影地を決めなければならないので、自ずと撮影地は絞られてしまいます。

さて、どこの桜が見頃かな!?

撮影日の当日、胸をワクワクさせながら桜の開花状況を確認しましたが、今年の桜は遅咲きの様です(汗)。

ネットニュースでは満開のハズでしたが、満開の桜はほとんどゼロ・・・。

家山川橋梁と大和田駅の桜が8割~9割程度かな!?

五和周辺の桜に至っては5割程度・・・。

したがって、今回は消去法で家山駅周辺と大和田駅周辺の桜を撮影することに決めました。


↑撮影地は家山駅周辺に決定!!

家山駅周辺は、大井川鐵道沿線で最も有名な桜のお花見スポットだと思います。

家山地区には200本以上のソメイヨシノがあり、桜トンネル周辺は「かわね桜まつり」の特設会場が開かれ大勢の観光客が訪れます。


↑インフラも整備されています。

訪問した日、蒸気機関車と絡めて撮影できる桜の中で最も開花状況が良かったのが「家山川橋梁」付近の桜でした。


↑家山川橋梁と桜。

家山川橋梁は家山駅から家山の桜トンネルに向かうほぼ中間地点に位置します。


↑金谷起点約16㎞に位置。

この橋梁は桜まつりの河川敷臨時駐車場付近に位置するため、大勢のギャラリーで賑わいます。


↑桜トンネル×鯉のぼり

個人的な見解ですが、家山川橋梁周辺の河川敷はファミリーさんに強くオススメしたい蒸気機関車のビュースポットです。


↑太陽の光をいっぱいに浴びる。

理由は、キャパが広く視界が開けているので、ちびっ子の身長でも列車と桜を楽しめること。


↑河川敷から撮影した1枚。

そして、道路沿いの眺めが良い場所は大型車の交通量が多く、子供達には危険だと思うからです。


↑群生する桜の周辺で撮影。

また、この場所であれば、のんびり家族で蒸気機関車の通過を待つことができます。


↑お立ち台で撮影。

さて、ここからが撮影の本番!!

まずはお立ち台付近から普通列車と桜を撮影します。

河川敷よりやや高台に位置するこの場所、個人的にはギャラリーが少なく、光線状態が良好な朝の撮影がオススメです。

ちなみにキャパは数名程度です。


↑正面から東急を撮影。

続いて家山川橋梁のほぼ正面の位置から普通列車と桜を撮影します。

この場所は200㎜以上の望遠レンズが欲しいところ・・・。


↑正面から南海を撮影。

三脚の立て方によりますが、キャパは5名前後だと思います。


↑C56 44号機を撮影。

蒸気機関車を撮影する場合、停車駅が目の前なので煙は期待できないし・・・。


↑煙、光線状態、人を気にしない・・・。

光線状態も悪いです。

加えて、後方の桜の木周辺に一般のギャラリーが入り込むこともありますが、有名な撮影スポットなので仕方ありません(汗)。


↑アップで狙うのも面白い・・・。

むしろ、ギャラリーも雰囲気の1つと思った方が健康的だと思います。


↑C10 8号機を撮影。

また、家山駅着の臨時列車が一時停車する場所なので、じっくり撮影することができます。


↑目の前で一時停車。

この位置だと桜の木を絡めることはできませんが・・・。


↑さくらのヘッドマーク♪

さくらのヘッドマークや・・・。


↑プレートと機関士♪

プレートなど、余裕を持って撮影を楽しむことができます。


↑家山駅出発の普通列車を撮影。

さらに、同じ場所で上り列車を順光で撮影できることが何とも嬉しい。


↑西武E34号機を撮影。

しかも、下り列車とは趣が異なる画で撮影することができます。


↑アウトカーブ手前で撮影。

ただし、カーブ脇に咲く桜は白い花と新緑が特徴の山桜!?

だと思います。

※詳しくないので断定できませんが(汗)。


↑光線状態は良好。

家山駅に近付けばピンク色の桜が咲いていますが・・・。

付近を大型バスが頻繁に通るので個人的にはオススメできません。


↑煙が期待できます。

また、蒸気機関車の撮影においては、家山駅が発車駅なので発車直後については多少の煙が期待できます。


↑アウトカーブ付近で撮影。

ただし、一般の撮影者がそれなりに多い撮影地なので、先にカメラを構えていてもギャラリーが入り込む可能性があることを留意した方がいいと思います。

特に、外国人観光客の方々は日本語が通じない中、夢中で蒸気機関車を撮影されることも考えられます(汗)。

長らく待機した撮影者としては注意したくなりますが・・・。

遠路遙々、大井川鐵道まで足を運ばれた大切なお客さんなので良い想い出を作っていただきたい。

したがって、撮り鉄がこの場所で撮影する場合、あらかじめ一般の撮影者が写り込まない場所にレンズを向けて待機するのが撮影マナーかなとも思います。


↑架線作業に向かう作業員。

さてさて、家山駅周辺での撮影はこんなところで終了です。

続いて向かった撮影地は国道の歩道沿いです。


↑桜トンネルと列車を眺める。

桜と列車を俯瞰気味に撮影出来るこの撮影地は、家山の桜トンネルを国道473号沿い大和田駅方面に抜けて、やや登った場所に位置します。


↑架線柱が気になりますが・・・。

この場所は家山川橋梁を渡る上り列車の他、家山の桜トンネルを抜ける列車を撮影することができます。


↑桜と列車を絡めることが出来ます。

ただし、架線柱や鯉のぼりのポールがやたら気になる場所なので、撮影地としての人気度は微妙かな!?

この日は1人でのんびりとした撮影になりました。

こんなところで家山駅周辺の撮影は終了です。

今年の春も楽しい撮影になりました。

【大井川鐡道の路線図】

駅 名 累計(キロ) SL停車 撮影
金谷駅 0.0
新金谷駅 2.3
代官町駅 3.8
日切駅 4.3
五和駅 5.0
神尾駅 9.8
福用駅 12.3
大和田駅 14.8
家山駅 17.1
抜里駅 18.8
川根温泉笹間渡駅 20.0
地名駅 22.9
塩郷駅 24.3
下泉駅 27.4
田野口駅 31.0
駿河徳山駅 34.1
青部駅 36.1
崎平駅 37.2
千頭駅 39.5

●:停車 △:かわね路1号のみ停車 ▲:上り千頭発新金谷行きのみ停車
※特急のみ直通運転

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉