令和初撮り!!茶摘みシーズンに大井川鐵道で撮影する【駅発車編】


↑転車作業を撮影した1枚。

〈スポンサーリンク〉

千頭駅+家山駅【駅発車編】

上り列車は雨模様・・・

春先の新茶を収穫する季節は大井川鐡道沿線が最も静岡らしい、情緒ある風景になるシーズンだと思います。

特に今年の5月は改元もあり、令和を記念して5月1日~5月3日までの期間、かわね路号に日章旗、令和ヘッドマークを装着して運転されました。

↑令和を記念したヘッドマーク。

私は令和元年5月1日~2日の日程で大井川鐵道を訪問、下り列車を崎平の茶畑で撮影しました。


↑崎平の茶畑で撮影(1日目)。

上り列車は太陽でキラキラと光る茶畑をメインに撮影したかったのですが・・・。

5月1日、午後の天気予報は雨(汗)。

いつ雨が本降りになるかも読めない状況なので・・・。

上り列車は「駅発車」の撮影に決定!!

ヘッドマークと日章旗を正面からお手軽に狙います。

千頭駅=転車作業+駅発車

千頭駅は大井川鐵道本線の終着駅です。

構内で蒸気機関車の転車作業が行われる見所が豊かな駅です。


↑千頭駅は終着駅です。

今回は上り列車の「駅発車」がテーマなので・・・。


↑千頭駅発車正面の撮影地。

駅発車を正面から撮影できる国道沿いでカメラを構えました。


↑普通列車が到着しました。

実はこの位置、「駅発車」の他にも「転車作業」を撮影することができるので、今回は「転車作業」も撮影してみます。

9レが千頭駅に到着した後、既に到着している101レの転車作業が始まります。


↑補機が切り離されます。

転車作業では最初に補機が切り離されます。

その後、蒸気機関車が単機で転車台に向かいます。





↑転車台に向かうC11 227号機。

鉄板が徐々に迫って来るような「バック運転」と「正面撮影」の組み合わせが何とも懐かしい・・・。

新金谷駅に転車台が出来る前、上り列車はバック運転が当たり前でした。

後ろ向きになることもある私の性格上、バック運転も好きでしたが(笑)。

当時、後ろ向きで先頭を引っ張る蒸気機関車の姿を見て・・・。

「何で後ろ向きなの!?」

と残念そうに見つめる少年の姿を何度か拝見していたので・・・。

やはり観光列車は前を向いて疾走した方が良いのでしょう。

さて、大勢のギャラリーに見守られ、前向きに戻ったC11 227号機がやってきました。




↑前向きで先頭を引っ張ります。

日章旗がカッコイイですね♪

作業も手慣れたもので、シャッターチャンスは直ぐに終わってしまいました。

C11 227号機の転車作業が終わると予報通り、雨がポツポツと降り始めました。

そしていよいよ出発時刻です。

1004レの汽笛音が鳴り、建物の裏から白煙が近づいてきました。





↑千頭駅を出発するC56 44号機。

集まったギャラリーに見送られC56 44号機は白煙とドレンを吐き出し、足早に去っていきました。

家山駅=駅発車

「駅発車」をテーマに臨んだ上り列車の撮影・・・。

102レを撮影するため、次ぎに向かった場所は家山駅です。


↑※別の日に撮影した写真です。

家山駅はSL急行の停車駅で千頭駅から新金谷駅までの中間に位置する駅です。

千頭駅と同様、家山駅も道路沿いでお手軽に「駅出発」を撮影することが可能です。


↑家山駅発車正面の撮影地。

撮影地に到着すると雨脚がやや強くなる中、既に数人の同業者さんが待機されていました。

今回は先客さんの後ろの位置でご一緒に撮影させていただきます。


↑普通列車を撮影します。

列車を待つ時間に交わす同業者さんとの会話も楽しみの1つです。

会話が弾み、あっという間に102レが発車する時間になりました。





↑家山駅を出発するC11 227号機。

上り列車の出発は「千頭駅」と「家山駅」のほか、「川根温泉笹間渡駅」でも撮影することができます。

雨が降った日は白煙どドレンも求め、駅発車を狙うのも面白いですね。

【大井川鐡道の路線図】

駅 名 累計(キロ) SL停車 撮影
金谷駅 0.0
新金谷駅 2.3
代官町駅 3.8
日切駅 4.3
五和駅 5.0
神尾駅 9.8
福用駅 12.3
大和田駅 14.8
家山駅 17.1
抜里駅 18.8
川根温泉笹間渡駅 20.0
地名駅 22.9
塩郷駅 24.3
下泉駅 27.4
田野口駅 31.0
駿河徳山駅 34.1
青部駅 36.1
崎平駅 37.2
千頭駅 39.5

●:停車 △:かわね路1号のみ停車 ▲:上り千頭発新金谷行きのみ停車
※特急のみ直通運転

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉