【高級レンズ】Canonのサンニッパを買ってみた!


↑憧れの白レンズを購入しました。

〈スポンサーリンク〉

とにかく明るいので評判!!
キャノンの大砲レンズ

サンニッパとは?
EF300mm F2.8L IS II USMをレビュー

○○を買ってみたシリーズ【第①弾】

今回はCanon(キャノン)の大砲レンズ、EF300mm F2.8L IS II USM(通称:サンニッパ)』を購入したのでご紹介します。

○○を買ってみたシリーズ【第①弾】

【○○を買ってみたシリーズ一覧】
【高級レンズ】Canonのサンニッパを買ってみた!
【高級鞄】GANZOのブリーフケースを買ってみた!
【高級家具】HUKLAのカストールを買ってみた!
【高級家具】karimokuのテレビボードを買ってみた!

先ず、サンニッパとは?

焦点距離が300mmかつF値が2.8の大口径望遠レンズの通称です。

スペックや評価が高い反面、値段も高いのでカメラマンにとっては憧れの存在!!

そんな高値の華にカメラマン達が親しみを込めて・・・。

サン(300mm)ニッパ(F2.8)

と呼んでいます。

私の場合、キャノンのカメラを使っているので・・・。

キャノン製のサンニッパ、『EF300mm F2.8L IS II USM』をいつか購入したいなぁ・・・。

Canon EF300mm F2.8L IS II

価格:552,390円
(2018/4/1 06:56時点)
感想(1件)

と長い間、悩んでいましたが・・・。

今回、ついに購入したので当ブログでご紹介します!!

白い巨砲!
EF300mm F2.8L IS II USMを購入!!

ついに購入したキャノンの高級レンズ♪

Canonの大型レンズはご覧の通り、旅行カバンの様な立派なハードケースに収納されています。

ハードケースの名称は『レンズケース 300B』

単品で購入すると定価は41,000 円と高額です(汗)。

300B レンズケース

価格:34,025円
(2018/4/1 08:22時点)
感想(0件)

安いレンズなら十分、買える値段・・・。

絶対に無くしたくないアイテムですね。

ケースは堅牢性が高く、キーロックできます。

まぁ、防湿庫管理なので使いませんが(汗)。

内部は、こんな感じでサンニッパがすっぽり収まります。

レンズフードは普通のレンズと一緒で、逆さ向きで収納できます。

ちなみにフードの名称は『レンズフード ET-120(W II)』

こちらも単品定価が52,000 円と高額です(汗)。

ET-120(WII)

価格:40,880円
(2018/4/1 08:24時点)
感想(0件)

また、レンズの設計上?

キャップはハードタイプではなく、ソフトな布製の専用カバーが付属しています。

名称は『レンズキャップ E-145C』

こちらの単品価格も8,000 円と高額です(汗)。

レンズキャップ E-145C

価格:6,400円
(2018/4/1 08:25時点)
感想(1件)

総じてCanon製品の付属品は単体で購入すると割高なので注意が必用です。

ちなみにバラバラにするとこんな感じです。

レンズ単体だと意外に小さいケド・・・。

フードを取り付けるとまさに『大砲レンズ』ですね。

レンズ単体で重量が約2,350gもあるので、体力がない人にはオススメできません。

大口径蛍石レンズを2枚も使うなど、とても贅沢なレンズ構成です。

手ぶれ防止機能や・・・。

オートフォーカスなど性能面も抜群です。

〈スポンサーリンク〉

サンニッパで撮影してみた

では、実際にサンニッパで撮影した写真を紹介します。

先ず、ご紹介するのは『鉄道写真』です。

この写真は、東海道新幹線の有名撮影地で撮影しました。

鉄道写真は基本的に構図を決めて置きピンなので、オートフォーカスの速さは気になりませんが、場所によっては『距離』が足りないことがあります。

サンニッパは通常で300mm、でもエクステンダーを使えば・・・。

エクステンダー EXTENDER EF1.4×III

価格:40,646円
(2018/4/1 08:21時点)
感想(0件)

EXTENDER EF1.4×IIIで420mm、XTENDER EF2.0×IIIで600mmの焦点距離で撮影することができます。

更にAPS-C機を使えば、35mm 判換算で約1.6倍になるので・・・。

EOS 7D Mark II

価格:113,990円
(2018/4/1 08:30時点)
感想(9件)

300mm×2.0×1.6=960mmの焦点距離をで撮影できることになります。

次にご紹介するのは『動きモノ』の撮影です。

サンニッパは『オートフォーカス』が強力なので動きモノの撮影が大得意です。

例えば、伝統行事の流鏑馬や・・・。

アメリカンフットボールなど動きモノの撮影で頼りになるレンズです。

また、実はポートレートにも最適なレンズだと思います。

焦点距離が長い分、背景が程よくボケます。

そして最後に『屋内競技』の撮影です。

大相撲、バスケットボール、バレーボールなど会場内が暗いけど『ストロボ』を使えない場所でもレンズが明るいのでアドバンテージがあります。

オリンピック会場で白いレンズがズラリと並ぶ意味も理解できますね。

総じてサンニッパ(EF300mm F2.8L IS II USM)はこんな方にオススメだと思います。

◆こんな人にオススメ!◆

・焦点距離を稼ぎたい
・動きモノを撮りたい
・屋内競技を撮りたい

◆オススメしない人は・・・◆

・体力に自信がない
・レンズにお金を使いたくない

【仕様】

画角(水平・垂直・対角線) 6°50’・4°35’・8°15′
レンズ構成 12群 16枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り 32
最短撮影距離 2m
最大撮影倍率 0.18倍
フィルター径 差し込み52mm
最大径×長さ φ128mm×248mm
質量 約2,350g
手ブレ補正効果 約4.0段分

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉