2軍も豪華メンバー?読売ジャイアンツ球場で巨人戦を撮影

↑バットにあたる瞬間を撮りたかった・・・。

〈スポンサーリンク〉

いよいよ試合を撮影する

いよいよ、試合が開始されるとレンズの先は投手と打者に集まります。

ちなみに午後の試合・・・。

太陽は一塁側が順光、三塁側が逆光になります。

両軍に左打者が多いことを期待して三塁側を陣取りましたが、次回からは考えものですな・・・。

また、この日は2軍で調整中の澤村投手や育成選手の高木京介投手が登板しました。

澤村選手ほど実績がある選手も、調子を落とせば2軍で調整になるとは・・・。

厳しい世界ですね。

この日、今期公式戦初登板にも関わらず、投球内容は悪くなかった澤村選手。

マウンド上の風格も一際目を引くモノがありました。

↓三塁側からだと光線状態が悪い。


また、攻撃面は岡本選手が2本のホームランを放ち、終わってみれば15対0!

巨人軍の大勝で終わりました。

↓打撃フォームが個性的な松本選手。


でっ、実は・・・

ドカベンの様に打者がボールを捉える瞬間を撮影したい!

と思い、何回も何回も撮影に挑戦しましたがコレがなかなか難しい・・・。

やっとこさ撮れたのが下の写真です。

↓ボールを捉える瞬間を撮りたかった。


それでもバットとボールが離れていますね。

う~ん・・・難しい!

何かと課題が多く残ったプロ野球の撮影。

それでも充分、楽しむことができました。

また、2軍の試合のスタンドには本当に野球が好きな人達が集まっているような気がしました。

私もしっかりプロ野球を勉強してからリベンジしよう!

そう思わせる一日になりました。

〈スポンサーリンク〉

番外編
『巨人への道』と『よみうりV通り』

実は試合前、京王よみうりランド駅から読売ジャイアンツ球場までのアクセス方法で悩みました。

とっ、言いますのが・・・。

球場までのアクセス方法が

『巨人への道』

という階段道と

『よみうりV通り』

という坂道の2つの選択肢があるからです。

悩みに悩んだ結果、今回は・・・。

『よみうりV通り』

を選択しました。

ちなみに駅のホームからよみうりランドのアトラクションが見えるので、球場までの道を迷うことはないと思います。

↓よみうりV通りはなだらかな坂道です。

改札口を出てアトラクション方面に進むとジャビット君のイラストが入った白い看板が目にとまりました。

↓ついつい気になって、写真をパシャリ。
 
看板の内容を確認すると、そうやらよみうりV通りが竣工された経緯が説明されていました。

内容はざっくり・・・。

よみうりV通りは、2009年の株式会社よみうりランド創立60周年と株式会社読売巨人軍75周年を記念して竣工した室内練習場と京王よみうりランド駅を最短で結ぶ道で、2009年の読売巨人軍所属選手の手形を歩道部分に設置しています。

とのこと。

さて、気になる手形を確認すると、坂道に選手の背番号順で手形が設置されていました。

ふむ、なかなか考えましたね。

練習場や野球場には小高い山を登らないといけませんが、これなら楽しみながら登れそうです。

皆様も京王よみうりランド駅を訪問した際は是非、寄ってみてはいかがでしょうか?

↓坂道に等間隔で選手の手形が設置されている。

↓坂道を登ると背番号が若くなります。

↓88 原辰徳監督!
 
↓坂の途中、休憩スペースで一息できる。

↓そしてこちらがゴール!

↓練習施設が目の前に現れます。

〈スポンサーリンク〉

フォトギャラリー

↓球場周辺には駐車場が完備されています。

↓バックネット裏に観客席が広がります。

↓練習の様子を撮影する。

↓こちらは楽天の守備練習。

↓試合前は入念にグラウンド整備が行われる。

↓最前列だとこんな風景も撮影できます。

↓観客にイジられる姿が何とも微笑ましかった。

↓いざっ、試合開始!!
 
↓レンズは200mm~300mmで充分ですね。
 
↓打ち込まれてすかさずタイム!


〈スポンサーリンク〉

↓ビジターチームのブルペンは何と観客席の隣に設置されています。

↓なかなかこの角度では撮影できませんよね。

↓ブルペンの横から撮影するとこんな感じ。

↓三塁側からだと左打者の方が絵になりますね。

↓この日、ホームランを放った北選手。

↓ニコニコダイヤモンドを一周します。

↓ホームベースをしっかり確認するアンパイア。

↓この日は巨人の完勝でした。


〈スポンサーリンク〉

読売ジャイアンツ球場へのアクセスマップ

【所在地】
〒214-0006
神奈川県川崎市多摩区菅仙谷4−1−1
【交通】
・京王相模原線「京王よみうりランド駅」から徒歩約7分

読売巨人軍:ホームページ

よみうりランド:ホームページ

今回の撮影機材

【カメラ】
・Canon EOS 1D Mark Ⅳ
【レンズ】
・CANON EF24mm-70mm F2.8L USM
・CANON EF300mm F2.8L Ⅱ IS USM

巨人軍公認清酒
「不滅の巨人」

価格:108,000円
(2017/8/23 23:00時点)
感想(0件)

〈スポンサーリンク〉