『しぞ~かおでん』の簡単レシピ!?『静岡おでんの素』を使った静岡おでんの作り方


↑今回のテーマは『しぞ~かおでん』。

〈スポンサーリンク〉

静岡のソウルフード!
しぞ~かおでんを手軽に料理

しぞ~かおでんとは!?

皆様は静岡県民のソールフード!?

『しぞ~かおでん』をご存じでしょうか!?

『しぞ~かおでん』とは、調理法、食べ方などが特徴的な静岡の『おでん』のことです。

黒い煮汁、黒はんぺん、だし粉と青海苔を掛けて食べるなど、某テレビCMで有名になったことからご存じの人、気になっている人は多いかもしれません。

でも、実際に食したことがある人は限られるかと思います。

そこで今回は、皆様の家庭で『しぞ~かおでん』を簡単に再現できる!?

『静岡おでんの素』を静岡に帰省中、発見したので当ブログで紹介いたします。


↑その名も『静岡おでんの素』です。

今回、使用するのは東洋水産(株)より発売されている『静岡おでんの素』です。

静岡の某スーパーにて1箱あたり108円(税抜)で販売されていたので購入しました。


↑裏面にはレシピ記載されています。

パッケージの説明をよ~く見ると・・・。

静岡おでんの素(削り粉・あおさ付)
名代 静岡おでん おがわ監修
静岡市葵区に店舗を構える、昭和22年創業の『静岡おでん』の老舗。創業以来継ぎ足して使用している真っ黒のだし汁で、1本1本串に刺した具材を煮込むのが特徴です。汁の見た目は色濃いですが、あっさりとした味わいです。名店おがわ監修の味をお楽しみください。
有名な静岡おでんの老舗『おがわ』さんが監修しているとのことで期待が高まります。


また、裏面にはレシピが記載されていたので、今回はレシピを参考に『しぞ~かおでん』を料理することにします。

静岡おでんの作り方
〈材料の目安〉(3人前)
大根約1/3本、こんにゃく、黒はんぺん(いわしのつみれ)、なると、ちくわ、さつま揚げ、ゆで卵などお好みの具
※『黒はんぺん』のかわりに『いわしのつみれ』でも作れます。
※牛すじ肉(約150g)を使用する場合
・牛すじ肉はアクが出るまでさっとゆで、ゆで汁を捨てます。
・鍋に牛すじ肉と水1.5Lを入れ、弱火~中火で煮込みながらアクを取り除きます。(約60分)
このダシを調理方法②の水の代わりに使うとより本格的な静岡おでんが味わえます。
〈調理方法〉
①大根、こんにゃくは別々に下ゆでをしておきます。
②鍋に水750mlを入れ『粉末つゆ』3袋を溶かし、煮えにくい具(大根など)から順に入れ弱火で煮込みます(約20分~30分)
③お皿に移し、『削り粉』と『あおさ』をかけてお召しあがりください。
・調理中のやけどにはくれぐれもご注意ください。

さて、まずは箱の中身を確認します。


↑銀色の袋が3パック。

○静岡おでんの素(3袋)
○あおさ
○だし粉

中身は以上の3袋が入っています。

1箱=おでん鍋1回分の容量かな・・・。

また、あおさ・だし粉のボリュームがやや物足りないと思う人は、個別に購入するのもアリだと思います。

さて、箱の中身を確認した後は、レシピに習っておでんの具材を準備します。

今回は・・・。

タマゴ!!

牛すじ肉!!

がんも!!

なると&ちくわ!!

こんにゃく!!

厚揚げ!!

黒はんぺん!!

などをチョイス、早速、おでん作りに取りかかりますが、調理は本当に簡単です。

まず、全ての具材を下処理した後、あらかじめ『静岡おでんの素』のダシが入った鍋に具材を投入!!

たったそれだけです。


↑具材を投入。

本当はおでん専用の鍋が欲しいところでしたが・・・。

予算の関係上、今回は普段使いの鍋を仕様します(汗)。

また、全ての具材を串刺しにするのが静岡おでんの特徴ですが・・・。

これも予算の関係上、牛すじ肉と牛モツだけ串刺しにしました(汗)。


↑調理開始3日後の様子。

グツグツ煮込むこと3日間、良い具合の『しぞ~かおでん』が出来上がりました。

私見ですが『しぞ~かおでん』は長く煮込めば煮込むほど美味しくなる様な気がします。

そう言えば、食っては具を足すの繰り返しで越冬した年もあったかな・・・。

ではでは早速、食しましょう。


↑美味しそう♪

今回、選んだ具材は・・・。

こんにゃく、ダイコン、ガンモ、黒はんぺん、タマゴ、牛すじ、牛モツです。


↑アオサとダシ粉を使います。

次に、選んだ具材にアオサとダシ粉を豪快に振りかけます。


↑美味しそう!!

実のところ、はんぺんが黒かったり、おでんにダシ粉を振りかけるのが『普通』として育った身としては・・・。

はんぺんが白かったり、ダシ粉を使わないで食べる県外のおでんに『違和感』を感じます。


↑おでん&日本酒

しかし、県外の人でこの『違和感』を共感していただいた方は1人もいないので、静岡おでんは特徴的な食べ方と言えるのでしょう。

何はともあれ『しぞ~かおでん』は美味い!

そして『静岡おでんの素』を使えば調理も簡単です。

鍋が美味しい季節、皆様もとひと味違った『おでん』を召し上がってはいかがでしょうか?

管理人がオススメする静岡グルメ
焼生姜の佃煮【熱海】
抹茶レモンティ【藤枝】
磯自慢【焼津】
川根大福【島田】
東海一の鯛焼き【島田】
食べる!かき氷【静岡】
黒大奴【島田】
静岡おでんの素【静岡】
〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉