【ヘリノックスチェア】口コミで評判のロッキングフッドを買ってみた!フローリングの傷防止にクッション材を貼ってカスタムしたよ


↑サンセットチェア×ロッキングフット。

〈スポンサーリンク〉

サンセットチェア+
ロッキングフットXL

種類が豊富なヘリノックスチェア

今回、ご紹介するのはアウトドアでお馴染みHelinox(ヘリノックス)から発売されている『サンセットチェア』です。

 アウトドア好きから評判が高いヘリノックスチェア。

前々から購入しようと考えていましたが、その『形』や『素材』の違いでラインナップが実に豊富(汗)。

ヘリノックスチェアを『形』で分けるならチェアワン、チェアツー、サンセットチェア、キャンプチェア、ビーチチェア・・・。

『素材』で分けるなら通常の座面に加え、コットン、メッシュ地・・・。

う~ん・・・パソコンを眺めてるだけでは選べない!!


↑公式HPより。

そこで今回、近所のアウトドアショップまで足を運び展示されている様々なヘリノックスチェアを物色♪

結果、日常生活のなかに溶け込む!?

ホーム・デコ&ビーチシリーズの『サンセットチェア』を購入することに決めました。

今回、購入した『サンセットチェア』はヘリノックスチェアの中でも大きめなサイズのシリーズです。

選んだ理由は・・・。

① 頭をカバーするハイバック
② 室内に馴染むホーム・デコ&ビーチ
③ 正規品のロッキングフットが使える
④ 座り心地が良かった

ざっくり、こんな感じです。

特に体全体を包み込む&沈み込みすぎない『座り心地』が私の好みだったのでサンセットチェアを選択しましたが・・・。

ヘリノックスならではの『携帯性』についてはイマイチかな・・・(汗)。

まぁ、それぞれのモデルに優越があるワケで・・・。

また、ホーム・デコ&ビーチシリーズの『スチールグレー』を選んだ理由は、リビングで使用している愛用のソファと色味が似ていたからです♪


↑愛用しているフクラのソファ。

そして今回は評判の『ロッキングフット』を同時に購入!!

早速、ロッキングチェア仕様の実力を検証しようと思います。

片手に収まるサイズと重量

ついに購入したヘリノックスチェア♪

まずは収納面についてレビューします。


↑片手で持てるサイズです。

さて、まずはこちらの写真(↑)は袋に収納された状態の外観です。

サンセットチェアは大きく感じるかな!?


↑女性でも片手で持てる。

持ち上げると確かにチェアワンに比べれば大きいと思いますが、女性でもギリギリ片手で持てるサイズ&重量でした。


↑オシャレな収納袋。

ちなみに収納袋を含めた総重量は1278g(本体:1149g)とのことです。


↑アバウトに計測すると約47cm。

収納時の全長は約47cmでした。

商品案内では42×φ15cmとされているので、丁寧に収納すれば写真よりコンパクトに収納できるのかなと思います。

また、ホーム・デコ&ビーチシリーズの収納袋はとてもオシャレだと思いますが、開口部に使われているヒモの素材が金具と緩衝してほつれるので、使い勝手はイマイチです。


↑解れやすい・・・。

改良していただければ有り難い・・・。


↑結構、長いです(汗)。

続いて収納時のロッキングフットXLはこんな感じです。


↑アバウトに計測すると約75cm。

ロッキングフットXLは2018年に発売された新アイテムでサンセットチェア、キャンプチェア、サバンナチェアに対応しているモデルです。

収納時の全長はアバウトに計測して75cmでしたが、商品案内では69cmとされていました。

リュックサックに収納するには少し長いかな・・・。

まぁ、コレは仕方ないですね。

ちなみに総重量は670g(本体620g)とのことです。

組み立て簡単♪
ロッキングチェア仕様

では、実際に組み立ててみましょう。


↑説明書より。

ロッキングチェア仕様に『組み立てる』と言ってもハードな作業は全くありません。

説明書の通りシンプルに本体を組み立て、最後にロッキングフットをはめ込んで完成です。


↑収納袋の中身はコレだけ♪

では、まずサンセットチェアを組み立てます。

収納袋の中身はたったコレだけ!

イスの骨組みと座面がコンパクトに収まっています。


↑MADE IN KOREA。

有名な話ですが、ヘリノックスチェア代名詞でもある軽くて丈夫なポール部分は『DAC社』という韓国企業が作ってます。


↑接合部分を撮影。

このポールがきわめて優秀で・・・。


↑骨組みが完成!!

イスの骨組みを組み上げるために要した時間は約20秒!

接合部分もスムーズに収まりストレスフリー!!

なのに強度が抜群♪

様々なアウトドアブランドのテントに『DAC社』製品が採用されるのも納得です。


↑座面のポケットに差し込むだけ。

また、座面の設置も本当に簡単です。

座面にある4ヶ所のポケットに骨組みを差し込むだけの簡単作業♪


↑座面を取り付けてイスが完成♪

この作業も20秒あれば十分でしょうか。


↑最後にロッキングフットを設置。

そして、最後にロッキングフットXLを脚にはめ込みます。


↑左が前脚側、右が後脚側。

ここで注意したいことが、ロッキングフットをはめ込む『向き』です。


↑こちらも簡単に設置できます♪

前脚側が短く、後脚側が長くなるようにロッキングフットをはめ込みます。


↑憧れのロッキングチェア仕様。

ついに完成!!

ここまでの全作業に要した時間はおよそ1分です。


↑ゆらゆら揺れます。

では、いよいよロッキングフット仕様のサンセットチェアに座ります。

座ってみた最初の感想は・・・。

『最高』のひと言!!

背が高い座面とロッキングフットが『脱力状態』の体全体をゆらゆらと癒してくれます♪

ロッキングフットを設置するメリットを挙げるなら・・・。

① ゆらゆらとリラックスできる
② イスから立ち上がるのが楽ちん
③ 何となく脚の強度が増すような気が・・・

ただし、デメリットも・・・。

① 値段が高額
② 室内で使用すると床に傷が付くかも・・・

特に我が家の様にフローリングでロッキングフットを使用する場合、金属素材なのでフローリングが痛むかもしれない・・・。

さらに屋外で使用した場合、ロッキングフット本体にも傷がついてボコボコになりそう・・・。


↑カチカチの金属素材です。

う~ん、コレはいただけないな・・・。

でも、場所を選ばず室内外で使いたい!!

そこで傷を防止するため、ロッキングフットにクッション材を貼ることに決めました。

クッション材を自作!
厚めのゴム素材を採用する!!

実はロッキングフットの傷問題について同じことを考えている人は少なくないようで・・・。

ヘリノックスから公式に『ロッキングフットプロテクション』というクッション材が発売されています。

しかも、ご丁寧なことに『アウトドア用』『インドア用』が発売されているようです。

私はインドア、アウトドアでロッキングフットを使いたいので丈夫そうな『アウトドア用』を購入しようと考えましたが・・・。

インターネット上の口コミを確認すると素材が『薄い』とか『短い』とのコメントがチラホラ(汗)。

であれば・・・。

自作するか!!

ということで、自作する為に準備したのはコチラ(↓)です。


↑工作の時間♪

本家のロッキングフットプロテクションと同じ要領で両面テープを使ってクッション材をロッキングフットに貼り付けます。


↑厚手のゴムロール。

口コミを参考にクッション材は厚手(1mm)のゴムロールを購入しました。

ゴム素材を選んだ理由は屋内外、場所を選ばずに利用できそうだからです。


↑両面テープにも注意が必要。

また、両面テープはゴム用を購入します。

ゴム素材に対応しない両面テープもあるので注意が必要ですね。


↑貼り付ける向きが決まってます。

さらに貼り付ける向きが決まっているので要注意です。


↑大きさに合わせてカットします。

さて、まずはロッキングフットの大きさに合わせてゴムロールをカットします。

念の為、少し大きめ(70cm×4cm)にカットします。


↑両面テープを貼る。

カットしたら、両面テープをゴムロールの全体に貼り付けたうえで、ロッキングフット本体に貼り付けます。


↑はみ出した部分をカット。

ゴムロールをロッキングフットにしっかり貼り付けた後は、カッターではみ出したゴムをカットします。


↑クッション材付ロッキングフット♪

既製品を使うより手間が掛かりますが、コレでロッキングフットの底部分を全てカバーすることができました。

これで屋内外を選ばずにガンガン使っていけそうです♪

座面の枕に最適!?
無印良品のネッククッション

さて、サンセットチェアのバージョンアップはもう少し続きます。


↑何もないと寂しいですね。

座面が高いサンセットチェアの頭部が何となく寂しい・・・。

実はこの場所には本来、純正のエアヘッドレストを設置する場所ですが・・・。

お値段が少し高い・・・。

そこで代用品として選んだのがコチラ(↓)です。


↑ネッククッション♪

無印良品のフィットするネッククッション!!

ネットで評判のビーズクッションです。


↑設置完了!

無印良品のネッククッションも設置がラクラク♪

また、設置した姿に違和感が全くないですね。


↑コレで完全体かな!?

この組み合わせは正に鬼に金棒!!

イスに腰を掛け、瞳を閉じれば極上のリラックスタイムが味わえる!?

コレは・・・。

アウトドア中のお昼寝タイムに大活躍しそうな予感です♪

【○○を買ってみたシリーズ一覧】
【高級レンズ】Canonのサンニッパを買ってみた!
【高級鞄】GANZOのブリーフケースを買ってみた!
【高級家具】HUKLAのカストールを買ってみた!
【高級家具】karimokuのテレビボードを買ってみた!
【大人気】CASIOのフルメタルG-ショックを買ってみた!
【不思議レンズ】宙玉レンズ『soratama 72』を買ってみた

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉