両国国技館の2階イス席で大相撲を観戦してみた


↑両国国技館2階席の全体はこんな感じです。

〈スポンサーリンク〉

両国国技館2階イス席から観戦する

全体の動きを俯瞰できる!!

ここからがようやく相撲観戦!

陣取るのは西の2階席です。

↓見上げれば優勝額が目に飛び込む。

西には平成28年の初場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした琴奨菊関の優勝額が飾られていました。

この優勝額、額の大きさは縦317cm、横228cmもあるらしい。

流石、大相撲、スケールが大きい。

↓勇ましい姿ですね。

場内に十両以上の取組表が掲示されます。

幕下以下の力士は一場所15日間で7日しか相撲を取らないとのこと。

7番相撲と呼ぶらしい。

↓掲示される取組はごく一部。

でっ、この2階席は大相撲を俯瞰して観戦したい人に向いているかも。

力士の他、大相撲を支えている人達を遠目から楽しむことが出来ます。

先ずは呼び出しです。

拍子木でカーン、カーンと良い音を鳴らしています。

大相撲で使う拍子木は桜の木で作られているとのこと。

↓普段、何気なく聞いていた音。

場内が呼び出しさんに、注目が集まるのはこの瞬間だと思います。

扇子を持ちながら

「に~し~」

とテレビでもお馴染みのかけ声が会場内に響きます。

↓やはり良い声ですね。

土俵を清めるのも彼等の仕事です。

↓とても丁寧な作業です。

↓審判委員に方に挟まれ行司さんが待機しています。

審判委員は四方に5名もいました。

草履は物言いで土俵上に集まる際に使われるのもでしょうか?

横にはマイクも準備されていました。

↓土俵の真横に座ります。

さて、会場は土俵入り時間に入ります。

幕内力士は午後4時頃でしょうか。

この時間になると場内の客が一気に増えます。

しかし、この時間から観戦に来る方々は何とも贅沢な楽しみ方をしているなぁ・・・。

ちなみに2階席だと土俵入りの様子も良い具合に俯瞰できます。

↓館内が盛り上がります。

幕内力士達を先導するのは三役格の行司さんです。

日ごとに交代で担当するとのこと。

そう言えば昔、行司さんが先導をすっぽかしたことがありましたね(笑)。

↓先導役は行司さんです。

力士達が場内のアナウンスで紹介されます。

人気力士はアナウンス後に大きな歓声が飛び交うので、この歓声で力士達の人気度が何となく分かります。

↓歓声は人気のバロメーター。

また、力士達の化粧まわしを見比べるのも楽しみの1つです。

個人的には千代の国の化粧まわしがカッコイイ!!

とても似合っていると思いました。

↓しかもイケメン。

土俵入りの所作を観察すると・・・。

① 先導役の行司に続いて土俵に並ぶ
② 全員が揃ったら土俵の内側を向く
③ 手をたたく
④ 右手をあげる
⑤ 化粧まわしを両手で持ち上げる
⑥ 両手をあげる

と言った具合ですが、それぞれの所作がどの様な意味を持つのかは分かりませんでした。

↓記念撮影のシャッターチャンスです。

続いて横綱の土俵入りです。

前回の観戦に続き、今回も日馬富士の背中が実にカッコイイと思いました。

↓鍛え上げた筋肉。

↓せり上がる所作もカッコイイ!!

↓そして土俵を後にする所作も・・・うわっ、カッコイイ!!

横綱の土俵入り後は、行司が翌日の取り組みを土俵上で公表します。

↓良く声が通ること。

さて、会場は幕内力士の取り組みが始まるまで暫く休憩の時間となります。

会場の観客達はこの時間でトイレに向かう方が多かった様な気がします。

このタイミングで吊り屋根の上を見るといつの間にか『満員御礼』の文字が!

垂れ下がる瞬間を見逃しました。

↓満員御礼の文字が下がりました。

〈スポンサーリンク〉

↓お馴染み永谷園。

さぁ、ここからはいよいよ取り組みの様子をご案内します。

懸賞金の垂れ幕も2階席から撮影すると良い感じの角度で撮影できます。

↓なっ、なんだこの物体?

力士が使用する塩に目を移すと何やら見慣れない黒い物体が土俵に付いています。

この黒い物体の正体は水おけです。 

力水の吐き出し口として、東西花道側の土俵側面に埋め込まれています。

↓一連の所作を俯瞰できます。

力水をつける所作を観察すると多くの力士達は『力水』で口を清めた後に『力紙』に力水を吐き出します。

↓力紙をポイッ。

でっ、その後『水おけ』に力紙をポイします。

この一連の所作、テレビではじっくり観察できませんよね。

↓徐々に気合いが入ります。

土俵上では制限時間ギリギリになるまで、立ち会いの所作が続きます。

塩で土俵を清めたり、蹲踞したり、相手と目を合わせて両手をついたりと徐々に気合いが入る力士達を観察するのも趣が深いです。

↓顔を拭ったら勝負の時間です。

タオルで顔を拭ったら勝負の時間です。

気合いが入るのは力士達だけでなく行司さんも一緒かな?

特にこの方『木村 晃之助』さんのさばき方は特徴的でした。

「手をついて!!」

生で観ると力士より気合いが入っている様な気がします。

相撲ファンの間では賛否両論あるようですが、個人的には会場の空気が引き締まり、惹きつけるモノがあると感じました。

↓特徴的な行司さん。

東西の力士が手を付き、取り組みが始まると観客達の視線は一点に集まります。

↓激しくぶつかる両力士。

2階席からの『撮影』という視点で考えると、両力士に行司を加えて撮影するとなかなか良い雰囲気の写真が撮れるのではないかと思います。

↓驚くほど動きが軽快です。

レンズの長さは200mmがベストかな?

2階席から撮影するプロのカメラマンは200mm前後の大砲レンズを使っていました。

↓行司さんも動きが軽快。

キビキビとした動きが特徴、行司の木村 晃之助さんは取り組み中も力士より目立っていた様な気がします。

私の中では、かなり興味深い存在になりました(笑)。

↓鬼の形相は栃煌山。

おぉ、栃煌山の迫力が凄い・・・。

↓館内が盛り上がる瞬間。

この様に豪快な投げ技で勝負が決すると館内は大いに盛り上がります。

↓勝利の軍配。

決着後は勝利した力士に軍配を上げます。

この『木村 玉治郎』さんの仕切りがまたカッコイイこと。

どっしりとした構え方がはまっています。

↓懸賞金の束がスゴイ。

また、決着後の懸賞金の束も気になってしまいますね。

結びの一番は懸賞金の量もグッと増えます。

↓最後まで見届けます。

結びの一番が終わると最後に弓取式が行われます。

弓を勢い良く高速で振り回す姿に会場が盛り上がりますが、もし失敗して弓から手を離してしまうと大惨事になりそう・・・。

なぁ~んてことはあり得ないか(笑)。

今年も楽しい相撲観戦になりました。

【相撲関連記事一覧】
両国国技館のVIP席?枡席ならぬ『ボックス席』で大相撲を観戦してみた
大相撲の超豪華!お土産の中身とは?
両国国技館の2階イス席で大相撲を観戦してみた
両国国技館で幕内力士達を『入り待ち』してみた
イケメン力士!勢の所作を徹底的に撮影してみた
ネットで買える!!大相撲グッズを調べてみた

〈スポンサーリンク〉

両国国技館へのアクセスマップ

【所在地】
〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目3番28号
【電話番号】
03-3623-5111
【交通】
JR総武線 両国駅西口下車 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩5分
【インフォメーション】
両国国技館は、2020年に開催が予定される『東京オリンピック』のボクシング会場になる予定です。

日本相撲協会・ホームページ

〈スポンサーリンク〉