ついに解禁!『ペヤングボトルソース』で『ペヤング風やきそば』を作ってみた!気になるレシピと味は!?


↑具材を再現します。

〈スポンサーリンク〉

ファン待望!?
ペヤング風やきそばの調理に挑戦!!

『ペヤング風やきそば』を調理する

① 材料を揃える

さて、ここからが今回の本番です。

まずは材料を揃えます。


↑材料はこんな感じです。

今回は・・・。

① キャベツ
② 焼きそば
③ 鶏ひきにく
④ 紅生姜

の以上4点を購入しました。

② 調味料を揃える

続いて調味料を揃えます。


↑材料はこんな感じです。

改良点はあるかと思いますが・・・。

① ペヤングボトルソース
② 料理酒
③ 塩
④ 胡椒
⑤ ゴマ
⑥ 青のり
⑦ 鶏ガラ

の以上7点を準備♪

③ ダイスミンチを作る

材料と調味料を揃えたところで先ず最初にダイスミンチを作成します。


↑材料はこんな感じです。

使うのは・・・。

① 鶏ひきにく
② 料理酒
③ 塩
④ 胡椒
⑤ 鶏ガラ

の5点です。


↑今回の秘密兵器です。

そして調理にはシリコンスチーマーを使います。


↑本当に便利な調理道具です。

シリコンスチーマーに①~⑤をすべて投入してよ~く混ぜます。


↑見た目はアレだけど・・・。

よ~く混ぜた後、スプーンの裏側で平らにならしてレンジで2分ほど加熱します。


↑簡単かつヘルシー。

中まで熱が通っていることを確認、ダイスミンチの調理はこれでおしまい。


↑ハンバーグみたいですね。

ただし、このままだと大きすぎるので・・・。


↑少し大きめにカットしました。

ダイス状に好みの大きさでカットします。


↑カップヌードルにも使えそう・・・。

ダイスミンチが完成しました!!

④ キャベツを調理する

続いてキャベツを調理します。


↑2~3枚あれば十分ですね。

ペヤングソースやきそばのキャベツは焼いていないので・・・。

こちらもシリコンスチーマーを使って調理します。


↑本日2回目のシリコンスチーマー。

適量をスチーマーに投入してレンジで加熱♪


↑シナシナになりました。

キャベツの調理もこれで完成です!


↑こちらもカットします。

ただし、こちらもこのままだと大きいので・・・。


↑こちらは小さめにカット!!

本物のペヤングと同様に小さくカットします!!


↑健康に良さそう・・・。

キャベツが完成しました!!

⑤ ふりかけを作る

最後にふりかけを作成します。


↑作成と言っても混ぜるだけ・・・。

ちなみに今回はスーパーで手に入れやすい青のりを使用しましたが、実際に使われているのはアオサです。


↑混ぜます。

まず、青のりとゴマを混ぜ合わせます。


↑本物に近い再現度・・・。

乾物のふりかけが完成!!


↑紅生姜は水っぽいので別で調理します。

続いて忘れてはいけない紅生姜を細かく刻みます。


↑粉々に刻みました。

本物のペヤングソースやきそばは紅生姜の風味が強いような気がするので少し多めに使います。


↑でも少し多いかな・・・。

紅生姜の下ごしらえも完成!!


↑ようやく具材が整いました。

これで具材の調理は全て完成です♪

⑥ 麺をゆでる

さて、いよいよ最終段階!!

麺を調理します。


↑2食分作ります。

麺は何を使うか!?


↑ソースの素は・・・使いません(汗)。

悩ましいところですが、今回マルちゃんの焼きそばを使用しました。


↑ラーメン屋さんの様に麺をゆでます。

やきそばの調理方法は前述の通りゆでます!!


↑ぐつぐつゆでます♪

熱湯を準備して・・・。


↑固さはお好みで♪

お好みの茹で具合になるまで数分ゆでます。


↑しっかりお湯を切ります。

本家と同じくお湯を切って・・・。


↑麺の縮れ具合は再現できない・・・。

先ほど食したペヤングの空容器に投入!!


↑具材一式。

先ほど調理したダイスミンチ、キャベツ、ふりかけとペヤングソース、胡椒を交ぜて・・・。


↑なかなか美味しそう♪

ついに完成しました!!

見た目はただの焼きそばですね(汗)。

でも、気になる味は・・・。

ペヤングソースやきそばにそっくり!!

若干の誤差はあるものの、ソースが本物なのでかなり再現度が高く仕上がりました(感動)。

そして予想以上に・・・。

ダイスミンチが美味い!!


実は作りすぎました(汗)。

これは正直・・・。

○ 友人とのパーティー

○ お子様のおやつ

などにウケると思います♪

是非、皆様も調理をお試しあれ!!

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉