令和初撮り!!茶摘みシーズンに大井川鐵道で撮影する【崎平編】


↑鮮やかなグリーンが眩しい新茶畑。

〈スポンサーリンク〉

大井川鐵道×新茶【崎平編】

静岡らしい風景!
新茶シーズンの魔力・・・

春先の新茶を収穫する季節は、大井川鐡道沿線が最も静岡らしい、情緒ある風景になるシーズンだと思います。

特に今年の5月は改元もあり、令和を記念して5月1日~5月3日までの期間、かわね路号に日章旗、令和ヘッドマークを装着して運転されました。

↑令和を記念したヘッドマーク。

新茶シーズンに大井川鐵道の蒸気機関車が日章旗を装着するのはかなり貴重です。

この機を逃さず、新茶と日章旗を絡めて撮影したい!!

そんな衝動を抑えることが出来ず、令和元年5月1日~2日の日程で大井川鐵道を訪問することにしました。

令和の初撮りは・・・
崎平の茶畑からスタート!!

令和元年の初撮りは何処で撮影しよう・・・。

横岡、福用、大和田、抜里、地名、駿河徳山など撮影したい茶畑が色々とある中、向かったのは定番、崎平の茶畑です。


↑有名な茶畑です。

太陽の光を浴びてキラキラと輝く新茶シーズンの茶畑は本当に美しい。

この2日間は美しい崎平の茶畑を中心に過ごすことに決めました。


↑日光をたくさん浴びて育った崎平の新茶♪

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉