【高級鞄】GANZOのブリーフケースを買ってみた!


↑愛用しているGANZOのブリーフケース。

〈スポンサーリンク〉

カッコイイ!!
GANZOのブリーフケース

国内最高峰
GANZOのビジネスバッグ

○○を買ってみたシリーズ【第②弾】

今回はGANZO(ガンゾ)ブリーフケースをご紹介します。

【○○を買ってみたシリーズ一覧】
【高級レンズ】Canonのサンニッパを買ってみた!
【高級鞄】GANZOのブリーフケースを買ってみた!
【高級家具】HUKLAのカストールを買ってみた!
【高級家具】karimokuのテレビボードを買ってみた!

GANZOは1917年創業のAJIOKAが2001年に展開を始めた革製品のブランドで、財布など小物を中心に評価・人気が高い国内のブランドです。

私の場合、Whitehouse Coxや万双など他社の革製品も使用しましたが、最終的にGANZO製品に落ち着きました。

と言いますのもGANZO製品は『素材』『コバ』『縫製』が素晴らしいのはもちろん『デザイン』が全体的に私の好みとマッチしています。


そんな訳で財布、パスケース、手帳カバー、キーケース・・・。

お値段は張りますが、いつの間にか身の回りのモノをGANZO製品で統一してしまいました。

中でもBRIDLEブリーフケースのデザイン性が素晴らしく、私としてはイチオシの一品なので当ブログでご紹介します。

BRIDLEブリーフケースは、ご覧の通り全体的に丸みがあるデザインで色はヘーゼル色を選択しました。

GANZOがBRIDLEシリーズで使用するレザーはブライドルレザーの最高峰、J&Eセジュイック社製の革で申し分ない品質で革本来の『エイジング』『匂い』を楽しむことができます。

また、重厚かつ堅牢な造りに『丸み』が加わり、飴色に輝くブライドルレザーを一層と引き立てます。

私は店頭でこのバッグを手にした瞬間・・・。

『ボディがセクシー!!』

と心が動かされた結果、購入を決意しました(汗)。

さて、写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、ここからは色々な角度でバッグを紹介します。

まず、正面からの写真だと分かりにくいのですが斜めからの角度だとモダンな雰囲気の『丸胴デザイン』が分かる思います。

このシルエットがカッコイイ・・・。

全体的に引き締まったデザインもグッドです。

本体下部をよ~く見ると『切り目仕上げ』が施されています。

一般的なブリーフケースと差別化が図られていますよね。

この『切り目仕上げ』で出来上がる流線型のボディがこの製品の大きな特徴です。

ブライドルレザーの光沢感と絶妙にマッチして実に美しい。

真横から見るとこんな感じです。

開口部のファスナーは底まで下ろすことができるので機能性は良好です。

この大胆なファスナー配置はデザイン的にグッドだと思います。

また、ファスナーの務歯一つ一つが丁寧に磨かれているので滑らかに開閉できます。

輝きも素晴らしいですね。

ファスナーには『Gの刻印』が施されています。

さり気ない演出が素晴らしいです。

丁寧な縫製もGANZO製品の特徴と言えます。

個人的には海外製品と一番の違が細かな点に手を抜かないことだと考えています。

ハンドルの付け根部分もガッチリ縫製しています。

傷みやすい部分なので大切ですよね。

ようやく手に馴染んだハンドル部分。

手の脂が影響?

ハンドル部分のエイジング(ハンドグレージング)は速いので既に黒みがかっています。

一方、かなり丁寧に使っているのでボディ部分のエイジングはなかなか進みません。

購入当初の蝋は全て落ちたので全体的なエイジングは今後の楽しみと言えるでしょうか。

底の部分には鋲が4個取り付けられています。

ボディには『GANZO』のマークが刻印されています。

このマークには賛否両論ありますね。

個人的には全然『有り』だと思います。

では、バッグの内部も覗いてみましょう。

内装素材は、やわらかな手触りに仕上げた人工スエードを使用しています。

複数のポケット、ペン差し、キーストラップが備わります。

内部の縫製も手を抜いていません。

内マチがあるのでファスナーを全開にしても安心感があります。

ここからはメンテナンスの紹介。

メンテナンスに使うオイルは必ずメーカーの純正品を使用しています。

また、メンテナンスの仕上げはいつもコロニルの防水スプレーを使っています。

ブライドルレザーは雨に濡れても大丈夫!

と主張する方もいますが個人的には雨天時の使用を推奨しません。

と言いますのが、雨に降られた場所がシミになる可能性があるからです。

シミが怖いので雨天時は以下の様に対応しています。

・雨天時は持ち出さない
・定期的に防水スプレーを使う
・万が一に備えてレインカバーを常備
・濡れた場合は直ぐに拭く

バッグのポケットにレインカバーとハンカチを常備しています。

これで天気が怪しい日も持ち出せます。


また、 ギャランティカードが付くので大切に保管しましょう。

最後に

いかがでしたか?

最後にGANZO製品は小ロットなので人気商品は直ぐに売り切れます(汗)。

従って、購入を検討されている方は早めのご購入をオススメします!

※GANZO製品はこんな方にオススメ!

・レザーに興味がある
・良い物を長く使いたい
・品質やデザインに拘りたい

※オススメしない方・・・。

・バッグにお金を使いたくない
・メンテナンスが面倒
・天気などお構いなしに使いたい

GANZO
BRIDLEブリーフケース

価格:151,200円
(2017/9/26 00:05時点)
感想(0件)

【スペック】

サイズ 縦 30.0cm × 横 45.0cm × マチ 11.5cm
ハンドル立ち上がり 15.0cm
重さ 1.35kg
素材 牛革(ブライドルレザー)
仕様 ブリーフケース
ファスナーポケット 1
ポケット 3
ペン差し 2
キーコード 1(取り外し可能)
両サイドにスナップボタン(マチの幅調節可)
〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉