大井川鐵道の撮影地【五和駅周辺の茶畑】V字茶畑&佐京園さん


↑V字茶畑で近鉄を撮影。

〈スポンサーリンク〉

大井川鐵道と茶畑を撮影する

オススメは新茶のシーズン

皆様は新茶シーズン(4月下旬~5月上旬)の茶畑をご覧になったこと・・・。

ありますか?

新茶シーズンのお茶は新緑がキラキラと鮮やかで本当に綺麗です。

大井川鐵道沿線の茶畑も新茶シーズンは格別に美しく、今回は新茶と鉄分を求め、五和駅に訪問したので当ブログでご紹介します。

V字茶畑で撮影する

五和駅に到着して最初に向かった撮影地はV字茶畑です。

V字茶畑は、有名な鉄道カメラマン中井精也さんの本で紹介された撮影地で、釜谷踏切付近の国道沿いに位置します。

その名の通りV字の茶畑を鉄道と絡めて撮影することができます。


↑新茶シーズンのV字茶畑と近鉄を撮影。

V字茶畑はスッキリとした構図で撮影したいポイント!!


↑続いて南海とV字茶畑を撮影。

と・・・言うことで電車をパシャリ、パシャリ。

秘密の茶園ポイント

V字茶畑の撮影地を後にして向かったのは、秘密の茶園ポイントです。

秘密の茶園については、前々から鉄道ファンに知られた撮影地でしたが、中井精也さんが『秘密の茶園』として紹介、更に有名な撮影地になりました。


↑近鉄を秘密の茶園で撮影。

そんな秘密の茶園・・・。

その名の通り、茶畑で一帯を囲まれた傾斜地ですが、実は地元お茶農家さんのご厚意で撮影出来るポイントでもあります。

とにかく撮影マナーを厳守しましょう。

・車で進入しない
・茶畑に進入しない
・作業の邪魔をしない
・茶畑に三脚を立てない
・農家さんに会った時は挨拶する
・作業の邪魔になる場所で撮影しない

他の場所ですが、作業中の農家さんに向かって・・・。

「入ってるぞ~!」

と大声をあげる撮影者に遭遇したことがありますが、迷惑なので絶対に止めましょう。

ちなみに、秘密の茶園の茶畑は佐京園さんのもので、しっかりホームページを作成されています。

Web注文も対応されていますので、当ブログでご興味を持たれた方は一度、飲んでみてはいかがでしょうか?

美味しいですよ~!

さてさて、話は撮影に戻り、この日は秘密の茶園で撮影します。


↑蒸気機関車と茶畑を撮影。

うん、やはり素晴らしい構図ですね。


↑刈り残し・・・。

また、お立ち台を更に奥に進むと、より開けた茶畑が目の前に広がります。

こちらは、一番茶の茶葉が残っていました。


↑新茶♪新茶♪

ちなみに、お茶農家さんは、まだ若くて柔らかい甘みの強い一番茶の部分を、一芯二葉(いっしんによう)と呼びます。

写真で伝わるかな?

本当に見事な新緑ですよね!!

さて、下り列車の撮影が終わり、上り列車は茶園の線路沿いで撮影を試みます。


↑ストレートで撮影。

秘密の茶園の沿線はストレートになっていて正面からど~んと撮影することができます。

ただし、狭いのでキャパは1人~2人といったところでしょうか?

蒸気機関車の煙は期待していませんでしたが・・・。


↑煙がモクモク。

何と煙がモクモクモク!!

ゆっくりとした速度で走り去った蒸気機関車。

この日は終始、ほのぼのとした撮影になりました。

アクセス方法

V字茶畑ポイント

大井川鐵道『五和駅』から国道473号線に出て釜谷踏切方面に向かう。釜谷踏切付近のT字路付近で撮影。

秘密の茶園ポイント

V字茶畑より国道473号線を奥に進み、松下瓦工業付近の横道を下る。

【大井川鐡道の路線図】

駅 名 累計(キロ) SL停車 撮影
金谷駅 0.0
新金谷駅 2.3
代官町駅 3.8
日切駅 4.3
五和駅 5.0
神尾駅 9.8
福用駅 12.3
大和田駅 14.8
家山駅 17.1
抜里駅 18.8
川根温泉笹間渡駅 20.0
地名駅 22.9
塩郷駅 24.3
下泉駅 27.4
田野口駅 31.0
駿河徳山駅 34.1
青部駅 36.1
崎平駅 37.2
千頭駅 39.5

●:停車 △:かわね路1号のみ停車 ▲:上り千頭発新金谷行きのみ停車
※特急のみ直通運転

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉